「こんにちは、鈴木敏男です」

  桜の月、4月になりました。前半は入学式・入社式などあり、正しく新しい社会に向かうスタートの月です。皆々様のスタートが希望に満ちたものでありますことを願っています。どうぞ、風邪等ひかないように、元気な日々でありますように・・・・。

音楽家ベートーヴェンは耳が聞こえなくなっていく自らに「勇気を出せ、例え肉体にいかなる欠点が生じようともわが魂はこれに打ち勝たなければならな い」と自らを鼓舞したと言う。私にそのような高尚なものはないのだが、ささやかながらも考える頭があり、非力ながらも仕事をこなす両手があり、富士山に4度も登った足がある。総じて 程度は低いものの、この五体を助けてくれる仲間がいる。
  これまでにいくつかの病気をし、その度に「人は誰かに助けられている」との 立場を身にしみて経験した。そして、社会は助け合うもの、手を差し伸べあうもの、これが基本であることを知った。同時に生きていく日々には笑顔が大事であ ること、苦しいときこそ笑顔で生きよう、笑顔は自分のこころを満たし、人にこころも満たしてくれる、まるで社会の歯車であると思っている。
    高度な学習を受けた私ではない。立派と言われる生き方をしてきた私でもない。だから、まったくの小市民にひとりである。それでも笑顔の歯車を回し続ければ、 笑顔は自分にまた戻ってくるのだ。笑顔あふれる「にかほ」にしたい、私はその歯車となってにかほの元気をむすびたい、これが私の願いです。
 

2016.4.4
鈴木敏男



行政が抱える問題に対し、住民運動が発生することがあります。
これは行政と市民の目線がかけ離れている事を如実に物語って
います。常に住民の目線で、立場で行動することが大事だと思っています。

財政の健全化は当然です。
今後の効果的な財政の運用を十分にチェックできる機能の充実を
目指した活動を目指しています。

「にかほ」に住んで幸せだね。「にかほ」に生まれてよかったな。
そんな会話が聞こえてくる街づくりをみんなで目指しませんか。

最新情報

4月4日(月)
ホームページを更新しました。
 

今週の予定

6日(水)
仁賀保中入学式、院内小入学式
7日(木)
平沢小入学式
9日(土)
観光拠点センターオープン

 

でんでん大将のひとり言

ふぉっとコーナー